これから介護業界で働くために必要な資格は介護職員初任者研修

介護職に就くためには、資格や経験を問わない施設もあります。 しかし、基本的には資格取得していないと入居者に触れてはいけないという施設もあります。 今後、介護職として働く予定がある人は、いずれにせよ資格を取る事は必要でしょう。 以前は、ヘルパー2級と言われていた民間資格ですが、現在では名称が「介護職員初任者研修」と変更されています。 ホームヘルパー(家事援助・身体介助)や病院・各老人ホ…

続きを読む

他業種から介護業界へ転職する場合に介護職員初任者研修は必須

一度社会に出て、福祉分野に転職する人も多くいます。 この場合は、介護職員初任者研修を取得する事が必須となるでしょう。 施設によっては、無資格でも雇ってもらえる施設もあるようですが、資格を持っていることにより、再就職に有利なのは事実です。 介護職員としての資質などを確認する上でも、介護職員初任者研修を受けることは、福祉業界に転職するのには、今後の心構えと介護の基礎知識を得ることで、自分に…

続きを読む

介護業界で働くメリットとは?人手不足で働き口に困らない

これから高齢社会を迎えるに当たり、介護業界は将来性がある職種と言えるでしょう。 最初に介護職員初任者研修を取得することにより、就職先もすぐに見つかり、就職することができます。 また、3年間介護職として働くことにより、介護福祉士の国家試験を受けられる資格を取得することが出来ます。 更に、5年間継続することによりケアマネージャーになるための受験資格も入手できます。 このような国家資格を取…

続きを読む

介護業界で働くデメリットとは?給料が低く休みが不定期で腰を痛める

一般の職種に比べると、福祉業界の中でも特に介護職員は、給料が少ないことが挙げられます。 最初は、給料が少ないので、男性などは結婚や子育てなど家計的に厳しい状態になるでしょう。 共働きというケースが多いのも、その給料が低いせいです。 また、入居施設に関しては、24時間265日間施設は動いていますので、休日は不定期です。 更に早番・遅番・日勤・夜勤とシフト制での勤務なので、土日祝日なども…

続きを読む

現役の介護士として働けるのは何歳までか?精神的と肉体的から推測

通常、介護職員の定年は60歳~65歳です。介護士としての業務は、肉体的にハードな職種ですから、高齢になるとキツイと感じる人もいるかもしれません。しかし、介護は介護でも見守り介護や病院などでは、2人1組でペアを組むので、熟練の介護士であれば、十分仕事は継続できます。 また、ホームヘルパー等では、家事援助もあります。特に力仕事は行わずに、食事の支度や洗濯・買い物代行など、普段の生活での…

続きを読む